就活に励む学生たちのいろいろ

就職活動、いわゆる“就活”に励む学生たちが経験することを書いています。 最近の学生の就活における様々な情報をもとに意見も交えています。

転職を視野に就職

就活は4年生になってからではなく3年生からスタートするのが当たり前の時代です。 本業の合間に活動をするわけですが、勉強で忙しいうえに将来がかかっているので大変なのは言うまでもないでしょう。

大変なだけにできるだけ早く内定を勝ち取りたいと思うのが普通です。 就活を行っている学生にとって一番いいのは第一志望の会社に内定をもらうことでしょう。

しかし、不況ではなかなか難しいのは学生もわかっています。 少し前の調査結果なので正しい統計数値は覚えていませんが、就職してから3年以内に会社を辞める人が多いようです。

せっかく就職できたのにちょっともったいない気もします。 自分が思っていた会社ではなかった、自分の能力が発揮できない、職場環境になじめないなど、理由はいろいろあると思います。

しかし、それより気になるのは希望する会社に入れなかった場合に、最初から転職することを視野に入れていることです。 実際、そういう人がどのくらい離職率に数字として入っているのかは定かではありませんが、それはそれで目的を持っていていいのかなと思う反面、会社に失礼ではないかとも思うのです。

転職する場合は出身大学の就職課ではなく、自分で求人サイトや求人雑誌のような媒体で探すのが普通だと思います。 求人サイトはこれまでにもたくさんありますが、近年はエンジニアの転職エージェントなど、業種や職種に特化した人材サービスも充実していますので、転職を考えている人にとっては求人を探しやすい環境は整っていると思います。

実際、第二新卒に注目している企業も多いと聞いていますので、それが若者の転職を後押ししているのかもしれません。 そうなると、企業側としては優秀な人は出て行ってほしくないものですから、最初に採用する段階から条件や待遇面で考えないといけないかもしれません。

ある程度有名な大学の人間であれば最初から中小企業に入ろうとする人は少ないですから、もしそういう人が入ってきた中小企業は出て行かないような工夫は必要かもしれません。 まあ、最初から転職するだろうと思って採用する企業も少ないとは思うのですが。

会社の規模が小さくても将来性のあるベンチャー企業などには優秀な学生が入ってくる可能性はありそうです。 若いころは転職もそれほど難しくはないようですが、だからといって安易に考えてほしくないものです。

第一志望の会社に就職できなくて第二志望や第三志望であっても、いろんな経験を積んでその会社でしかできないことに打ち込むような若者に魅力を感じます。 最初から転職を考えるのはちょっと待ったです。

とてつもなくエネルギーを使う就職活動ですから、できれば一生をささげられるような会社とご縁があればいいですね。